専門インストラクター

現状と資格取得にかかる費用について

近年、美容や健康などに有効であるとしてヨガの人気が高くなっています。特に20代から50代の女性の間で根強い人気があり、本格的に学び資格を取得して、ヨガインストラクターとなって自分自身のヨガ教室を持ったり、ヨガを教えることを仕事にしたいという女性の方が増えています。それに伴い、ヨガインストラクアー養成講座や資格認定講座も各地で開かれています。 資格取得にかかる費用については、資格取得までの期間や、コースの内容、各スクールによって様々です。内訳は、スクールに入学する際の入学金、受講料、教材費というのが一般的です。合計でかかる費用の相場は、約40万円から70万円程となっており、受講期間や講師などによって差があります。受講内容や料金、期間をしっかり確認し、自分が納得できるようなコースを選択することが大切です。

ヨガの歴史と普及について

ヨガとは古代インドの言葉で、精神を集中させることによって心の安らぎを創り出すという意味を持っています。ヨガの歴史は非常に長く、インダス文明にまで遡りますが、1960年代後半になってアメリカ、ヨーロッパをはじめ世界中にまたたく間に広がっていきました。ヨガは高齢者や女性など、激しい運動が苦手な方でも取り組むことのできる、美容や健康に有効なエクササイズとして、また精神を整える習慣として多くの人に親しまれるようになっています。 ヨガが普及するに従って、本格的に学びたい、資格を取得して仕事にしたいと希望する人も増えてきました。1990年代にはアメリカで、ヨガインストラクターの養成を行うためのカリキュラム基準を定めたり、指導者の登録を行う団体が設立され、世界各国で通用するスキルを広めています。