カウンセリング効果

産業カウンセラーという資格もあります

資格は現在数多くありますが、心理カウンセラーの資格も本当にたくさんの種類があります。そのなかでもよく知られている資格といえば、臨床心理士、認定心理士、産業カウンセラーなどがもっとも信頼されるものといわれております。臨床心理士は大学院の修士課程を修了して受験資格を得て試験に合格すれば得られる資格で、認定心理士は大学で必要単位を取得して卒業すれば得られる資格です。産業カウンセラーは大学や大学院を出ていなくても、構成講座を受ければ受験資格を得ることが可能となります。その費用は受験料と授業料を合わせて、おおよそ25万円弱といわれておりまして、大学や大学院に通うより格安で資格を得ることができるようになってきます。

勘違いして心理学を勉強しますと後悔することとなります

もし、心理カウンセラーとして生活して以降と考えるのであれば、本気で心理学に取り組まなければ後悔することになる場合があります。よく心理学を学ぶ人の中には「こんな勉学だと思わなかった」と感じて挫折する人がいるのです。その理由は、そのような人は心理テストや恋愛心理などのような内容を考えて心理学を選考する場合があるのです。実際に本屋で人気のある心理学の本の内容には、ほとんどが心理カウンセラーに向いている内容ではないため、そのような内容を把握してから勉強しますと挫折することとなるパターンがあるのです。心理学は思春期や人格、発達障害や精神病など、人の心について学ぶことであり、心理カウンセラーとはその心のケアを行なう存在だということを意識しなければなりません。